NexToneの管理について

1
全ての分配データをガラス張りにします。

管理作品が、いつ・どこで・だれに・どのように・どれくらい利用されて、使用料がいくらで、手数料がどれだけかかったか?という、著作物の利用状況に関する詳細なデータを、使用料分配時にお送りします。このデータは使用料の再分配計算にもご活用いただけます。

2
新しいサービスに迅速・柔軟に対応します。

新しい配信サービスの形態にいち早く柔軟に対応し、著作物の効果的な活用方法をご提案します。プロモーションや試聴などを目的とする無料配信の場合の使用料については柔軟に対応します。

3
適正なルールに基づいて分配額を増大させます。

・JRC管理作品のご利用者に対して、3ヶ月ごとに管理作品の更新情報を発信することで、
 利用実績の正確な報告を促進しています。

・権利者自らが作品を利用する場合の管理手数料についてフレキシブルに対応します。
 例)権利者自らのレーベルでCDをリリースする場合
   権利者自らのサイトで有料配信する場合

・インターネット上で配信された作品の著作権使用料を、過去の配信分までさかのぼって徴収
 します。

4
音楽出版社向け計算システムと業務代行サービスをご提供します。

音楽ビジネスの多様化にともない、複雑さを増す音楽出版社の業務の効率化、作業負担の軽減を図るため、著作権・原盤使用料計算システムのご提供や、計算実務の代行サービスのご提案を行っています。

5
権利侵害への対策を行います。

2007年3月にプロバイダ責任制限法における信頼性確認団体に認定されました。悪質なネット上での違法配信に対して、送信防止の要請を積極的に行っています。