教育現場で音楽を利用する場合のお手続き

学校行事/課外活動で音楽を利用する

学校・その他の教育機関において、「授業」における必要な限度内での著作物の複製が認められていますが(著作権法第35条)、それ以外の課外活動や記念行事でCDやDVDなどの録音物・録画物を制作し配布をしたり、または上映や配信等を希望されるかたは著作物の利用申請の手続きが必要となります。

主に次のような場合は、お手続きが必要です。

■卒業記念のためのCDやDVDなどを制作して、生徒や保護者に配布する。

> JRC管理楽曲をCD等の録音物に利用するお手続き
> JRC管理楽曲をDVD等の録画物に利用するお手続き

■コンクールに作品を出品するために、CDやDVDなどに音楽を収録する。

> JRC管理楽曲をCD等の録音物に利用するお手続き
> JRC管理楽曲をDVD等の録画物に利用するお手続き

※出品作品が公に上映される場合には、別途以下のお手続きが必要です。
> JRC管理楽曲を上映する映像に録音するお手続き

■学園祭などの校内行事で上映することを目的としてDVD等に音楽を録音する。

> JRC管理楽曲を上映する映像に録音するお手続き

詳しくは文化庁のこちらの資料をご参照ください。
> 「学校における教育活動と著作権」

お手続きに関するご注意(必ずお読みください)

・著作権以外の権利処理

市販のCDなどを音源として利用する場合には、レコード会社及びアーティストマネジメントオフィスなどに連絡の上、予め必ず著作隣接権者の許諾を得てください。

・著作者人格権について

著作者の許可無く著作物に替え歌をつけたり、改竄、変更を加えたりして著作物を利用することは、著作者人格権の侵害となります。著作者人格権を最大限尊重の上、著作物をご利用ください。

・無許諾利用について

JRCの利用許諾を得ずに作品を利用した場合、無断製造されたパッケージ等を回収の上、廃棄していただくことになるほか、民事・刑事上の責任を問われることがあります。

・歌詞カード・歌詞集について

添付出版物として歌詞カード・歌詞集を製作する場合は、必ず出版権等を管理する管理事業者の利用許諾を得てください。

お手続きに関するお問合せ
TEL:03-5766-8083 FAX:03-5766-8088