CD・レコード等に音楽を録音する場合のお手続き

<録音に使用されるメディアの例>

・CD    ・アナログディスク(LP等)・ミニディスク(MD)
・ICチップ  ・カセットテープ(CT)  ・オルゴール   ・半導体メモリ

事前に『録音利用許諾条件』(PDF)の内容をご了承の上、お手続きください。

●お手続きの流れ(必ず製造前に行ってください):

1
利用作品の確認

「JRC作品データベース」にて、利用作品の支分権がJRC管理であることを確認してください。

2
利用申請

申請書類を「JRC作品データベース」または「各種申請書類」よりダウンロードして、必要事項を記入したものをメール、FAX、もしくは郵送にてご提出ください。(メール、FAXでお送りいただいた場合は、原本はご郵送いただかなくて結構です)

3
ご請求

「申請書」受領後、JRCより使用料請求書を郵送いたします。請求書記載のお支払期日までに必ず銀行振込にてお支払いください。

4
許諾マーク・許諾番号の表示

「許諾マーク・許諾番号の表示方法」をご確認の上、許諾マーク・許諾番号を表示してください。
許諾マークのデータは別途お送りします。また、許諾番号は請求書に記載されております。

許諾マーク・許諾番号の表示方法 (PDF)

5
許諾書の発行

使用料のご入金が確認できましたら、「著作物利用許諾書」を郵送いたします。

※追加製造(追加プレス)の場合

既にJRCより許諾を得た製品を、追加製造(追加プレス)する場合は、別途追加の申請が必要です。
(追加申請も「各種申請書類」より承っています)
※申請内容の変更があった場合には、お問合せください。

お手続きに関するご注意(必ずお読みください)

・著作権以外の権利処理

市販のCDなどを音源として利用する場合には、レコード会社及びアーティストマネジメントオフィスなどに連絡の上、予め必ず著作隣接権者の許諾を得てください。

・著作者人格権について

著作者の許可無く著作物に替え歌をつけたり、改竄、変更を加えたりして著作物を利用することは、著作者人格権の侵害となります。著作者人格権を最大限尊重の上、著作物をご利用ください。

・無許諾利用について

JRCの利用許諾を得ずに作品を利用した場合、無断製造されたパッケージ等を回収の上、廃棄していただくことになるほか、民事・刑事上の責任を問われることがあります。

・歌詞カード・歌詞集について

添付出版物として歌詞カード・歌詞集を製作する場合は、必ず出版権等を管理する管理事業者の利用許諾を得てください。

お手続きに関するお問合せ
TEL:03-5766-8083 FAX:03-5766-8088